マネートラップ(ココをクリックしてね)

2011年05月15日

イングリッシュ・モンスター

行きつけの美容院の雑誌に「イングリッシュ・モンスターの最強英語術」なる本の紹介があり、少し興味があったので購入してみました。

この著者は、学術書や百科事典の営業をやっていたそうですが、一向に営業ノルマを達成できず、34歳で退社し、その後7年間も引きこもりの生活を送っていたそうです。
その間に、本屋で英語の入門書を見たのがきっかけとなり英語の勉強に目覚め、今までTOEICの試験で990点満点を連続24回更新中とのこと。

しかも驚いたことに、今まで海外旅行の経験もなく、外人と接することもなかったそうです。
7年という年月は確かに長いですが、独学でここまで英語のスキルを上げるとは大したものです。

本の最後に「オトメ、ギルル」という言葉が紹介されています。
これは、坂本竜馬が英語を勉強する中で、英語の”Girl”をギルルと読み、乙女の意味だと覚えた話です。昔は、今のような情報が豊かな時代とは違い、Girlを覚えるにしても、こんな苦労をした訳です。日本人は英語が苦手だと言っているのは、勉強をしないで言い訳を言っているような、そんなことを感じさせる1冊でした。


posted by おれ様 at 20:10| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。